2月、3月にかけてS&P500を定期的に買付しました

最近の大きな下落を受けてS&P500の投資信託を30万円分、買付を行ったので記事にまとめます。

 

買付日と買付額

買付を行った投資信託はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)です。

注文日 買付金額 注文単価
2020/2/5 24,091 12,446
2020/2/19 5,472 12,815
2020/2/25 58,254 11,740
2020/2/26 48,254 11,695
2020/2/27 50,086 11,089
2020/2/28 43,406 10,825
2020/3/9 20,055 9,657
2020/3/10 20,000 10,287
2020/3/11 20,028 9,762
2020/3/12 20,000 8,885
2020/3/13 20,000 8,885
329,646 10,735

 

買付後の資産の状況

買付後の資産の状況は以下の通りになる予定です。

3/12、3/13に関しては、まだ約定していないので見込みの注文金額になります。

基準価額 平均取得単価 保有数 評価額 評価損益 備考
8,885 10,617 936,334 831,932.49 -162,142 3/13の基準日

 

今後の評価損益シュミレーション

基準金額毎の評価損益のシュミレーションを行いました。

基準価額 平均取得単価 保有数 評価額 評価損益 備考
8,885 10,617 936,334 831,932.49 -162,142 3/13の基準日
9,000 10,617 936,334 842,700.33 -151,374
10,000 10,617 936,334 936,333.70 -57,741
10,617 10,617 936,334 994,105.49 31 損益分岐点
11,000 10,617 936,334 1,029,967.07 35,893
12,000 10,617 936,334 1,123,600.44 129,526
12,500 10,617 936,334 1,170,417.12 176,343
13,000 10,617 936,334 1,217,233.80 223,160

 

所管

S&P500は歴史的にもしっかりと右肩上がりをしている指標になるので、あまり心配はしていませんがここまで下がるとやはり日々、不安な気分になりました。

ただ、今回の下げ相場でしっかりと買付を行いましたので以前と同水準までもどれば、20万近い評価損益が得られることがわかりました。

この記事を書いているタイミングでダウやS&P500も上がり始めているので、このまま上がってくれることを願うばかりです。

 

スポンサーリンク

運用実績

Posted by jnk