S&P500と8資産の比較をしました(2月~3月15日)

今回は投資信託の中でも人気なeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の運用実績の比較を行いました。

この記事の目的

コロナウイルスの影響でS&P500はリーマンショック並みの下落率を記録しています。

そこでS&P500を指標としている投資信託と8資産のバランス型の投資信託を比較し、8資産に投資していた場合、どれだけ下落を避けることができたのかが気になり記事にまとめました。

 

同一期間での基準価格の変移について

下記の表は2020年2月13日から3月13日までのそれぞれの基準価格の一覧になります。

どちらも同一のタイミングで値下がりしていますが、8資産の方がS&P500に比べて下がり率が低くなっています。

 8資産均等型  S&P500  
基準日基準価格前日比(円)前日比(%)基準価格前日比(円)前日比(%)
2020/2/311,566--11,892--
2020/2/411,59024100.21%11,98896100.81%
2020/2/511,737147101.27%12,263275102.29%
2020/2/611,80770100.60%12,446183101.49%
2020/2/711,83528100.24%12,49650100.40%
2020/2/1011,776-5999.50%12,402-9499.25%
2020/2/1211,84266100.56%12,536134101.08%
2020/2/1311,86725100.21%12,62589100.71%
2020/2/1411,859-899.93%12,606-1999.85%
2020/2/1711,8667100.06%12,62014100.11%
2020/2/1811,856-1099.92%12,6277100.06%
2020/2/1911,843-1399.89%12,600-2799.79%
2020/2/2011,947104100.88%12,815215101.71%
2020/2/2111,98336100.30%12,86146100.36%
2020/2/2511,716-26797.77%12,171-69094.63%
2020/2/2611,570-14698.75%11,740-43196.46%
2020/2/2711,471-9999.14%11,695-4599.62%
2020/2/2811,155-31697.25%11,089-60694.82%
2020/3/210,958-19798.23%10,825-26497.62%
2020/3/311,107149101.36%11,380555105.13%
2020/3/411,082-2599.77%10,973-40796.42%
2020/3/511,240158101.43%11,452479104.37%
2020/3/611,016-22498.01%10,936-51695.49%
2020/3/910,498-51895.30%10,319-61794.36%
2020/3/1010,302-19698.13%9,657-66293.58%
2020/3/1110,463161101.56%10,287630106.52%
2020/3/1210,124-33996.76%9,762-52594.90%
2020/3/139,551-57394.34%8,885-87791.02%

 

基準価格の最大値、最小値の比較

次に同一期間内での基準価格の最大値、最小値でどれだけ基準価格が下落しているのかを確認しました。

下落率では、8資産が79.70%、S&P500が69.08%と差では10.62%という結果になりました。

 8資産均等型  S&P500  
基準価格最大最小比(円)最大最小比(%)基準価格最大最小比(円)最大最小比(%)
期間最大11,983--12,861--
期間最小9,551-2,43279.70%8,885-3,97669.08%

8資産の最大値は2月21日の11,983円、最小値は3月13日の9,551円

S&P500の最大値は2月21日の12,861円、最小値は3月13日の8,885円

 

所感

今回は同一期間内での8資産とS&P500の運用実績の比較を行いました。

正直、8資産の方はもう少し下落のリスクを避けられるのかと思っていましたが、結果としてはS&P500と10%程度しか変わらず今回の相場ではあまり、資産の守りとして機能していないように感じました。

ただ、リスクの許容度については個人差があることなので、しっかりとリターンとリスクを見極め自分自身にあった投資スタイルを確立していきたいです。

スポンサーリンク

投資, 投資信託

Posted by jnk