Rakuten UN-LIMITはお得なのか検証しました

2020年4月21日

ご覧頂きありがとうございます。
最近、話題になっている「Rakuten UN-LIMIT」が本当にお得なのか私になりにまとめました。

Rakuten UN-LIMITとは

楽天が2020年4月8日から楽天モバイルが始めた携帯キャリアサービスです。
楽天モバイルといえば、他社の回線を利用したMVNOで格安SIMを提供していましたが、自社回線を構築しMNOに参入しました。
これで、MNOを行っているのは、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社となりました。

楽天モバイルの魅力

楽天モバイルの魅力はなんといっても料金の分かりやすさです。
プラン料金は2,980円(+税)
データ使用制限なし(楽天回線のみ、au回線は月5GBまで)
国内通話無料(専用アプリを利用)
このように他の携帯キャリアと比較しても非常にシンプルな料金設定になっています。楽天モバイル、携帯キャリアサービスにおいて月額2,980円の無制限 ...

いま契約するとポイント還元

全部で最大20,800ポイント獲得することが可能です。
ただ、「Rakuten Link」アプリが必須条件となっているので、楽天モバイル推奨の端末もしくは、「Rakuten Link」アプリが利用できるAndroid端末が必要になります。
2020年4月21日時点では、iPhoneでの利用はできません。

オンラインご契約でポイント還元(3,000ポイント)

<契約期限>
2020年6月30日(火)23:59まで

<ポイント付与条件>
2020年8月31日(月)23:59までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了

<ポイント付与日>
2020年9月下旬頃まで

より詳細な情報はこちらからご確認ください。

事務手数料相当額をポイント還元(3,300ポイント)

<契約期限>
終了日未定

<ポイント付与条件>
開通日の翌月末までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了

<ポイント付与日>
「Rakuten Link」ご利用が確認された月の翌々月下旬ごろまでに付与

より詳細な情報はこちらからご確認ください。

指定端末購入でポイント還元(5,000~14,500ポイント)

<契約期限>
2020年4月30日(木)23:59

<ポイント付与条件>
特典対象製品をご購入

<ポイント付与日>
8月下旬ごろ

より詳細な情報はこちらからご確認ください。

楽天モバイルのだめなところ(2020年4月21日時点)

対応エリアが狭い

こちらのサイトで楽天回線エリアを確認できますが、非常に少ないことがわかります。
東京や大阪、名古屋といった大都市でのみ利用が可能です。
他にエリアについてはau回線を利用することになるため、使い補題にはなりません。(月5GB)

楽天回線に対応して機器が少ない

こちらのサイトで確認できますが、まだまだ利用の確認できている機器が少ないです。
また、iPhoneは現時点で利用は推奨されていません。
使える情報もありますが、ポイント還元を受けるためには「Rakuten Link」アプリの利用が必要なため別途、対応した端末を用意する必要があります。

まとめ

ポイント還元や1年間、基本料が無料の「Rakuten UN-LIMIT」ですが、私は乗り換えることを見送りとしました。
理由としては、エリアが狭すぎる。もちろんパートナーエリアがあるので、5GB以内であれば問題ないと思います。
最大の理由はiPhoneが非対応であること。これが乗り換えに踏み切ることの出来ない一番の理由です。

以下の条件に当てはまるなら契約してみても良いかもしれないです。
「Rakuten UN-LIMIT」に対応したスマートフォンを保有している。
「Rakuten UN-LIMIT」のエリア内に住んでいる。もしくは良く行く。
こんな感じでしょうか。

正直、まだまだエリアも狭く、対象のスマートフォンの非常に限られているのでもう少し様子をみて乗り換えたいと思います。

スポンサーリンク